東京ダイビングセンター

ダイビングとイルカのことは
東京ダイビングセンターにおまかせください!

イルカの一生

双子誕生!とは海の中ではいかないようです。

シャチが双子を育てた記録がありますが、大概の場合は出産前に死んでしまうそうです。母親が2頭を育てられるほど海は優しくないのかもしれませんね。

赤ちゃんイルカは母親のお腹の中で親の1/3のサイズまで成長して、尾びれから生まれてきますが、これは窒息を防ぐためです。
しかし、それ以上に大変なのが、温度差で、37℃ほどの母親のお腹から、冷たい海水に出てくるのですから。
プールに入る前に水を胸についけなさいといわれた覚えがあると思いますが、それよりはるかに冷たい!はず。この身体への衝撃はイルカ人生最大のものだと思います。

出産後は4ヶ月〜数年にわたり、母親の脂肪分30%前後のミルクで育ちますから、陸上の哺乳類より早い速度で成長します。
最初の特徴的な成長は、生まれる時、邪魔にならないように柔らかかったヒレで、生まれるとすぐに背びれや尾びれの硬度が増し、泳ぐことができるようになります。
しかし、上手とはいえない泳ぎなので、最初のうちは母親や姥の手助けが必要です。それと、上あごなどに良く見れる体毛が抜け落ちます。(毛穴がふさがらないので、感覚器としては残ると思います)

子供のイルカは母親からミルクをもらう時、舌をすぼめて乳首をうまく捕らえるといわれています。これにより、ミルクと海水が混ざらないようにしているようです。しかし、舌を丸められる器用なイルカの仲間は全てではないようです。
吸うことはできないようで、母親が乳腺の周りの筋肉でミルクを押し出しているそうです。授乳の瞬間は無防備になりやすいので、ほんの僅かな時間(数秒)ですがこれも、ミルクの脂肪分が高い理由の一つかもしれませんね。

授乳の後は離乳食ですが、イルカの仲間は離乳する前に固形のエサ(親と同じもの)を食べ始めます。両方の栄養の摂取を何年も続ける仲間もいます。
しかし、餌場と繁殖地を回遊するイルカの仲間は、餌場ではどうしても離乳しなければなりません。
母親は次の繁殖に向けて準備が始まるからです。

そして親へ。
繁殖できる年齢は種類によってまちまちです。メスは最初の妊娠以来、子供を産む数は減少しながらも常に妊娠と子育てを続けるそうです。(ほとんどのイルカの仲間)

乱獲時代、種の存亡が危機にさらされた時、成熟年齢は低下したそうです。たくさん産まないと、種が滅びますからね!

死を迎えるとき。自然死は捕食されるか病気かです。
捕食の例は、シャチにより捕食されるシロナガスクジラなど。
病気には、癌や潰瘍、心臓病に肺炎、関節炎などのがわかっていて、その原因として寄生虫があげられており、感染がひどくなり病気の引き金になっているといわれています。

野生のイルカの寿命はわかっている種類はあまりいませが、短い物だと10〜15歳、長いと70歳といわれています。
時々、イルカの寿命は○○年と書いてあるサイトを見かけますが、飼育下の話だったりします。
野生動物の場合、寿命と言う言い方は難しく、捕食されたりしますし、海棲動物の自然な状態での観察は難しいのではっきり分からないのが現実です。

さて、この死のもうひとつの原因は人間です。
人間が原因の自然でない死、不自然死が良くわかっていません。

捕鯨に関してははっきり数字で出るのですが、船との事故、海洋汚染、廃棄されて魚網に絡まっての死(幽霊漁法と言われてます)などはっきりしません。
人がクジラ・イルカ類に与えた死は、過去の大量捕鯨と、今の環境破壊(これは全ての生き物に当てはまるでしょう。)によるものです。

ビニールやプラスティック片などを飲み込み、胃や腸を詰まらせて死んでしまうものもいます。